リビングの収納

Read full article | コメントは受け付けていません。

リビングは家族が共に長時間過ごす場所です。
それだけにより快適で居心地のいい空間を求めることでしょう。
しかし人が集まる場所なだけに必然的に物も増えてしまいます。
物が散らかったリビングは快適性を欠き、居心地のいい空間とは言えません。
リビングがこのような空間にならないようにするためにはリビングに収納スペースを確保するといいのです。

持ち歩いたカバンがリビングの床に置きっぱなしに、着ていた上着がソファの上に置きっぱなしになっていませんか。これらを一時置きできるリビング収納があればリビングに物が散らからずスッキリときれいな空間を維持できます。
子ども達が帰ってくると幼稚園カバンやランドセルなど投げ捨てリビングに物が溢れがちですが、いつも居るリビングに自分の物をきちんとしまえる収納スペースがあると、子ども達も帰宅すると自分の物は自分できちんとしまう習慣が身に付くことでしょう。

いつも過ごす身近な場所に収納スペースを設けるのは習慣付けるにも有効なのです。
上着を掛けてしまえるようにポールを設けて、カバンや学校の教材などもしまえる収納スペースを設けます。
ここに生活で必要な掃除機や生活用品までしまっておけば、必要な物が身近にあるので暮らしやすさにも繋がります。
これらは目に入ると生活感を感じるのでしっかり隠して収納できるようにしておくといいと思います。

リビングは家族だけでなく、家に遊びに来たお客様が共に過ごすこともあります。
オシャレで素敵な空間にするにはやはりリビングの収納を充実させることが大事だと思います。

二階でも楽しめる家

Read full article | コメントは受け付けていません。

二階はただ寝る時しか使用しないという家庭も多いのではないでしょうか。
二階には寝室や子ども部屋を設けると思います。
子ども部屋と言っても子どもが中学生頃にならなければ自分の部屋で過ごす機会は少ないものです。それゆえ寝る時しか使用しないという家庭が多いのです。

しかし二階建て住宅で二階を寝る時しか使用しないと言うのは二階の空間が無駄に思えます。我が家はこのようにならないようにするために、二階で過ごす時間を増やし、二階にいる時間を楽しめる家にしたいと思っています。
二階ホールを活用してファミリールームを設けることです。
二階にも家族で集える場所があることで二階で過ごす時間も増えます。
寝る前の時間を二階のファミリールームで過ごします。

眠くなっても寝室がすぐ近くにあるのでスムーズに床につくことができます。
また休日の朝はゆっくり二階のファミリールームで過ごすのもいいでしょう。
一階では得ることのできない開放感のあるファミリールームでいつもと違った朝を過ごせます。子どもが成長すればお友達を遊びに連れてくることもあるでしょう。
二階のファミリールームを活用しゲームをして楽しめれば、子ども達の遊ぶ時間もより楽しい時間になると思います。

このファミリールームを設けることで二階は廊下を設けず、この空間から各部屋へ行き来できるようにします。
二階でも家族が顔を合わせる機会が増え、コミュニケーションが生まれやすくなるのです。一階でも二階でも楽しい時間を過ごせる家造りをしたいものです。

吹き抜けを楽しめる家

Read full article | コメントは受け付けていません。

我が家は新築住宅を建てることになり間取りが完成したところです。
我が家の一押しはリビングを吹き抜けにすることです。
家族が長時間過ごすリビングをより快適な空間にすることが夫婦の希望でした。これを実現するためにはリビングを吹き抜けにすることです。

吹き抜けにすることで視界が繋がり面積以上の広さを感じることができるのです。開放感があり広々としたリビングは家族の居心地を高めてくれることと思います。

また吹き抜けにすることで高い位置に窓を設ければ日差しを取り込むことができます。窓が開閉できるものにすることで気持ちのいい風を取り込むことができたり、換気もできますし、住宅内に新鮮な空気の流れを作ることができるのです。

吹き抜けにすることで不安な点は冷暖房の効率です。夏場の冷房はそれほど気にならないと聞きますが、冬場のエアコンはなかなか聞かないと聞いたことがあります。
しかし住宅自体の断熱性をしっかりさせることで冷暖房の効率を気にすることはないと言います。天井には空気の流れをつけるためファンを設置したり対策を取るといいのです。

断熱性の高い住宅にするとこの吹き抜けリビングがいい働きをしてくれるのです。
エアコンで暖めた空気が二階まで流れ込み、住宅内に温度差がなくなるのです。
気温差のない家は快適に暮らせる家にするためには重要だと思います。

特に高齢になると気温差によるヒートショックが心配でもあります。
我が家はデメリットが多く言われる吹き抜けのリビングですが、しっかり対策を取り快適性の高いリビング、そして温度差のないちょうどいい室温を保てる住宅を目指したいと思います。

二階ホールを書斎に

Read full article | コメントは受け付けていません。

階段を上がった先のホールをどのように活用させていますか。
私は二階にあえて廊下を設けず二階ホールを設け、その空間から各部屋へ行き来できるようにしたいなと思っています。
廊下を設けないことで二階にもちょっとしたスペースを設けることができ、寝る前の時間を二階のファミリースペースで過ごすのもいいでしょう。
また二階ホールを主人の書斎や私の仕事ルームとしても活用させたいなと思っています。
主人も持ち帰って仕事をすることが時々あります。私もパソコンを使用して仕事をします。
しかし一階で仕事をしようと思っても子ども達がいれば仕事に集中できず、気が散ってしまいます。

二階ホールを書斎や仕事をするスペースとすることで仕事に集中でき、気も散らないでしょう。
二階ホールに備え付けのデスクを設け、両サイドには本棚や収納スペースを設けておけば必要な物をきちんと整理でき、あまり広さのない二階ホールでも圧迫感を感じることはなくなるでしょう。
また壁を設けるのではなく一面大きな窓にすることで開放感が増し、日当たりも良くなります。
一階に来客者がいる時は子どもの遊び場としても活用できればいいなと思っています。

二階は寝る時にしか使わないという家庭も多いと思います。
二階に広さはあまりなくても多目的で使用できる空間を設けることで二階の空間を今まで以上に楽しむことができ、満足度の高い家になると思います。
この二階ホールの先にベランダを設け、ベランダでの過ごし方も加えるとより素敵な家になりそうですね。

Read full article | コメントは受け付けていません。

住宅において窓の存在は大変大きいと思います。窓を設けることで外からの明かりを取り込むことができます。窓を開ければ心地よい風を取り入れることもでき、室内の換気にも繋がります。最近では機能性に優れた窓が人気を高めてくれます。
冬場の窓の結露で悩んでいる家庭も多いと思います。断熱性や気密性・遮音性や防犯性など窓に今まで以上の性能の良さを求める人は多いのです。

機能性だけに優れているだけではダメなのです。窓の形状や大きさ、選ぶサッシによって室内のデザインや住宅の外観が大きく変わってくるのです。高いデザイン性も兼ね備えてなくはいけないのです。
先日新築住宅を建てた友人宅へ遊びに行きました。和室に設けられている窓は縦型のスリムな窓が等間隔に三枚設けられていました。室内をオシャレに見せてくれるだけではなく、外からの明るさを取り入れ片開きで心地よい風を取り入れることもできていました。和室が隣の家と隣り合わせということもあり、外から室内が見えないような構造をしているこの窓は大変魅力を感じました。実際外から本当に室内が見えないのか見てみたら、室内からは外の様子が分かりますが外からは全く室内が見えませんでした。近隣住民の視線を気にしながら生活をするほどクラックスできないものはありません。

デザイン性・機能性に優れた窓は生活のしやすさや住宅の快適性を高めてくれるのです。縦型のスリムの窓を採用した理由は防犯性にも安心できるという点です。不審者が侵入しにくい窓であるので空き巣被害からも守れる住宅と言えるのです。
窓を選ぶ際には機能性・デザイン性そして形状にもこだわりたいものです。

次世代のエコ住宅を作ってみよう!

Read full article | コメントは受け付けていません。

ある住宅メーカーの行った調査によると、エコ住宅にした場合※と、しなかった場合とで20年間生活した場合の費用の差は実に1000万円。(※太陽光発電+オール電化+省エネ設計+断熱材等を採用した場合。)1年間当たりで50万円となると、エコ住宅がいかに「経済的」な物なのかが見えてくることでしょう。とはいえ、エコ住宅といっても実にさまざま。節約できる金額も設備も内容も、もちろん十人十色ですから一概に「こうだ」とは言い切れません。ではどんなことでエコ住宅に挑戦すれば良いでしょうか。

たとえば年間50万円の節約ということは、1か月あたりにすると4万円以上の節約が実現するという事。でもそんなに簡単に節約できるの?と考える方がほとんどのはずです。これから家を建てようと考えている方にまず考えてもらいたいのはどんな設備を取り入れるのかそして、費用対効果と20年後まで経費の試算をすることです。

例えばちいさな範囲のエコ、でいえば窓やサッシの工夫、断熱材の工夫などが挙げられます。住宅の気密性を高めることで熱効率を高め、冷暖房の費用を抑える。またサッシなどを効率よく使用する事で外気を取り入れやすくすることも大切です。こうした窓だけの工夫でも夏・冬のピーク時の電力が大きく変わってきます。サッシや窓を工夫する事は建材だけの工夫で住みますから、費用対効果が高いといえます。

その一方で、太陽光発電のような大掛かりなシステムは大きなコストがかかります。ただし、費用対効果は条件によって異なるので、実際に設置した場合にどんな利益が生まれるのか、何年で設置費用を回収できるのかというような具体的な金額についても考えておいた方が良いでしょう。自分らしいエコ住宅を作ってみてくださいね。

クローゼット

Read full article | コメントは受け付けていません。

住宅のクローゼットは広々としたスペースを確保し、たっぷり収納でき空間をスッキリさせたいと考えている人も多いと思います。
私も数社の住宅展示場を見て周りましたが、どこのハウスメーカーもクローゼットスペースはこれでもか!というくらい広々としており収納に力を入れている印象でした。クローゼットは自分の好きな服やバック、小物を収納する場所であります。たっぷり収納できることはもちろん見ても楽しめるクローゼットにするのもいいのではないかと思います。

そこで私が注目したのかクローゼットの壁紙です。誰に見られるわけでもないこのクローゼットの壁紙にこだわる人は少ないと思います。しかしファッションが大好きな私は服も小物もカバンも可愛い空間に収納したいと思っていました。小花柄で華やかなクロスにすることでクローゼットの扉を開けた時のパーっと明るい雰囲気は収納している服たちを輝かせてくれることでしょう。洗濯物をクローゼットに収納することが面倒と感じることも多々ありますが、この可愛いクロスでお出迎えしてくれると思うと収納も楽しくなりそうです。

私のスペースだけでなく、子ども部屋のクローゼットの壁紙にもこの遊び心のあるクロスにしようかなと思っています。子ども達がクローゼットを開け自分の物をしっかり収納する習慣を身に着けるのに一役飼ってくれそうです。クローゼットを可愛く仕上げることができれば、後は使い勝手のいい収納空間にすることです。
服をかけて収納することの多い私はクローゼットのポールを二段にしてたくさんの服を掛けて収納できるようにしようと思っています。自分好みのカスタマイズした収納は使いやすさ抜群でしょう。

中庭のある家

Read full article | コメントは受け付けていません。

住宅密集地では、LDKから見える景色は隣家の壁ということも多いのですが、中庭をつくり、それを囲んで、LDKを設けたら、明るく、開放的で、オシャレな雰囲気になります。まるで、どこかのおしゃれなカフェのようです。その中庭に、シンボルツリーを植え、小さな自然を楽しんだり、明るい日差しを取り込んだりします。しかし、問題は風通しです。

私の友人が住まいを新築したのは、住宅密集地にある北側だけが道路に接している土地でした。そこで、南側に中庭を作り、それを囲んで、コの字型の住まいを作りました。南側は隣家に接しているため、フェンスを設けましたから、プライバシーが守られています。
そこに、シンボルツリーにヤマボウシを植え、季節の花をいくつか地植えしました。この中庭を囲んで、LDKを設けました。リビングやダイニングの掃き出し窓からは、中庭が見え、太陽の日差しも入ってきます。これで、北向きの土地なのに、明るく、素敵な空間が広がりました。

しかし、問題は、住まいの形です。コの字の形のため、比較的、風通しが悪く、湿気がこもり、夏はかなり蒸し暑くなります。中庭を設けると、木漏れ日がふりそそぎ、この葉を揺らす静かな風が住まいの中を吹き抜けていくような印象を持ちますが、そうとは限りません。そのためには、中庭の広さも確保しなければなりません。もともと、敷地が狭いのですから、ある程度広さのある中庭を確保することができません。中庭に面した掃き出し窓を開けておくことで、涼しい風が吹き抜けていけば、暑さが厳しい時期は効果がありますが、蒸し暑い風だったら、効果はありません。周囲の環境や風の向きなどをよく調べて、専門家に相談した上で、中庭を採用するか、考えていけば、良かったと思いました。南側から入る日差しで、夏はかなり室温が上がります。こちらの対策もすればよかったと思っています。

排水が上手くいかずシロアリ被害

Read full article | コメントは受け付けていません。

両親から譲り受けた住宅をリフォームした、滋賀在住の友人の話です。

リフォームとはいえ、実際に行ったのは台所のみ。外にはほとんど手をつけていませんでした。

外は雨どいが壊れていて、雨が降るたびに滝のように流れ、とても大きな音がします。

雨が止んでもぽたぽたとしずくの落ちる音がいつまでもしていましたが、慣れてしまっていたのか、特に気にもしていなかったそうです。雨どいが壊れていても特に不便になることはなく、強いて言えばその水が住宅の周辺で水溜りを作るため、足元に注意が必要、という程度でした。

庭だって水はけがいいほうではありませんが、雨の日には庭なんかに出ないし、気にはならなかったそうです。

ところがリフォーム後まもなく、その家はシロアリの被害に遭いました。

雨どいは、雨が降って屋根に落ちた雨水を樋が受け止めて誘導し、側溝へ流す「排水」の役目を持っています。

樋が壊れて家の壁などを水でぬらしたことが原因か、水はけが悪かったのが原因か、それともたまたま偶然か。

ですが、家の周囲や庭の排水がうまくいかないというのを単純に考えてみれば、常に湿度がそこにある状態といえます。なので、湿度を好むシロアリの発生源となるのは間違いないようです。

我が家の敷地で一番湿度を含んでいるのは家庭菜園の土ですが、隅のコンクリートブロックのあたりを掘ってみると、シロアリをみつけることがあります。

雨が降れば家も庭も水で濡らされるものですが、雨どいが壊れて、雨水がうまく排水溝に誘導されずに家の周囲で滝のように落ちていると、住宅の壁をはじめとする、建材にダメージを与えます。

長年の蓄積が家をどんどん傷めていくというわけです。

雨が落ちて地面に当たる音もかなり大きなものなので、住宅地など、家が密集している場所では隣近所に迷惑となっているケースもあります。

住宅にとって、家のいたるところで「排水」というのは欠かせない大切な作業です。

家を大切に長く保つためにも、雨どいのチェックをしておいたほうが良いかもしれません。

水回りのリフォーム

Read full article | コメントは受け付けていません。

最初は、新築でも何十年も経過すると傷んでくるのが家。リフォームの場所で一番多いのが、キッチン、お風呂、トイレ、洗面化粧台などの水回りではないでしょうか。

見た目の汚れだけならまだしも、水回りの場合は、中の劣化が激しいことも多いです。うちの実家は大分に新築してから築29年経過しています。29年経過すると水回りが特に傷んできました。

家の築年数が経過すると同時に、住んでいる人の年齢も経過していきます。若い頃は、その状態でも何も不十がなく生活できたところも年齢を重ねる事に、生活がしにくくなることもあります。うちは、実家の横に祖母の家があります。祖母は今年で93歳です。足腰は弱くなっており、何気ない場所で転んでしまうようになりました。転ぶたびに、骨を骨折し、治すのに毎回時間がかかるようです。うちの両親は、還暦を超え63歳です。最近、父は重たいものを持った瞬間にぎっくり腰になりました。それからというものずっと腰の調子が悪いようです。

若い頃は、多少の無理も大丈夫でしたが、年齢の経過とともに、一度悪くなったところはなかなか治りにくくなるようです。母も階段を上ると膝が痛くなることが多くなったようです。私は、現在29歳です。アラサーですが、まだまだ若い方なので、特に体の衰えは感じません。けれど、祖母や両親を見ているといつかあんな風に体も衰えてくるのかなと思うようになりました。体の衰えがくると、それに合わせて水回りの使いやすさも考えていかなくてはなりません。

今回、うちの実家ではお風呂と洗面化粧台をリフォームすることにしました。