吹き抜けを楽しめる家

我が家は新築住宅を建てることになり間取りが完成したところです。
我が家の一押しはリビングを吹き抜けにすることです。
家族が長時間過ごすリビングをより快適な空間にすることが夫婦の希望でした。これを実現するためにはリビングを吹き抜けにすることです。

吹き抜けにすることで視界が繋がり面積以上の広さを感じることができるのです。開放感があり広々としたリビングは家族の居心地を高めてくれることと思います。

また吹き抜けにすることで高い位置に窓を設ければ日差しを取り込むことができます。窓が開閉できるものにすることで気持ちのいい風を取り込むことができたり、換気もできますし、住宅内に新鮮な空気の流れを作ることができるのです。

吹き抜けにすることで不安な点は冷暖房の効率です。夏場の冷房はそれほど気にならないと聞きますが、冬場のエアコンはなかなか聞かないと聞いたことがあります。
しかし住宅自体の断熱性をしっかりさせることで冷暖房の効率を気にすることはないと言います。天井には空気の流れをつけるためファンを設置したり対策を取るといいのです。

断熱性の高い住宅にするとこの吹き抜けリビングがいい働きをしてくれるのです。
エアコンで暖めた空気が二階まで流れ込み、住宅内に温度差がなくなるのです。
気温差のない家は快適に暮らせる家にするためには重要だと思います。

特に高齢になると気温差によるヒートショックが心配でもあります。
我が家はデメリットが多く言われる吹き抜けのリビングですが、しっかり対策を取り快適性の高いリビング、そして温度差のないちょうどいい室温を保てる住宅を目指したいと思います。

Comments are closed.

This entry was posted on 月曜日, 2月 9th, 2015 at 2:08 PM and is filed under 住まいの話. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.