使い勝手の良い駐車スペースを

賃貸物件を探す点において駐車スペースは重要な項目の一つですが、新築で家づくりをする際も駐車スペースをどのように取るかは重要ですね。

車のスペースの確保というのは、敷地が限られているだけにあらかじめ検討しておかなければならない点です。

品川区に戸建てというような方は車を持たないご家庭も多いでしょうが、特に地方では一人一台車を所有するご家庭も少なくないのですから、道路への出入りや乗り降り、建物との動線などに気をつけて確保しておきましょう。

駐車スペースを設ける際に気をつけておかなければならない点はたくさんあります。

まず、家の前の道路の幅から出入りのしやすさ、安全性はもちろん、排気ガスや音が隣家に迷惑をかけるようでは困ります。

それに、車の台数、車の高さ、幅、長さはもちろん、ドアの開閉スペースも確認しておかなければ、車が2台とまると荷物の出し入れができない、なんてことにもなりかねません。

もちろん、駐車スペースから建物に入るアプローチもプランニングしておかなければなりません。

例えば、車を使う用途が主に日常の買い物であるなら、駐車場の設置場所を玄関近くではなく、勝手口近くにしてもよいかもしれません。

それに、雨の日にぬれずに室内まで入れるように配慮しておけば便利です。

車の維持の面から言うと、ガレージを作ったほうが雨や風などに車をさらさないでいいので好ましいでしょう。建物の一部に組み込んだりする場合も多いです。

車が趣味の方であれば、ガレージ内に工具の収納を作ったり、家の中から車を楽しめるビルトインガレージなどもあるでしょう。

もし、ガレージをシャッターやドアで締め切るタイプにするなら、防犯の面ではよいでしょうが、換気などには十分配慮しておかなければなりません。

もっと手軽にカーポートを設置するケースも多いです。

素材やデザインは種類が豊富ですので家の外観デザインと合わせてコーディネートするのもよいでしょう。

Comments are closed.

This entry was posted on 金曜日, 12月 9th, 2011 at 6:19 PM and is filed under 住まいの話. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.