2階建てにもホームエレベーター

ホームエレベーターとは、住宅内に設ける2~3人乗りのエレベーターのことで、足の不自由な方、高齢者のいらっしゃるご家庭以外でも、小さなお子さんがいる場合にも設置されることがあります。

従来は品川区の戸建てが密集している地域などの狭小住宅に建てられた3階建ての住宅の動線をスムーズにするために取り入れられていましたが、最近は、2階建てでも注目されています。

超高齢化社会を迎える現代、老後の介護が必要になった場合に備えて、あらかじめ設置しておくのも一つの方法です。

介護までは必要でなくても、高齢になっていくと、階段を上がって2階へ上がるのがおっくうになってくるものですし、転倒などの事故も多い場所です。

最近のホームエレベーターは省スペース化が著しく、コンパクトなものも増えているので、間取りプランに合わせて選ぶこともできます。

また、扉や内装部分のデザインのバリエーションも増え、家全体のインテリアや内装とコーディネートすることもできるようになりました。

価格も従来に比べると下がってきており、200万円台の商品も見られます。

ですが、見落としがちなのがメンテナンスの費用です。

電気代自体は月に500円程度ですが、ホームエレベータは年に一回法定点検が義務付けられています。また、エレベーターを取り付けるには、確認申請が必要になります。

「今は必要ないけれど、将来的には…」と考えている方は、エレベータスペースを確保し、構造的に補強しておくというのも一つの手です。

そのスペースは収納として利用しておいたり、吹き抜けにしておけば後からリフォームで取り付けられます。

Comments are closed.

This entry was posted on 金曜日, 10月 28th, 2011 at 8:31 PM and is filed under 住まいの話. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.