ペットと暮らす家

私の周りには小型犬を室内で飼っている人が意外と多いです。ペットと言えども家族の一員として大事に考えられているだけに、ペットと共に暮らす家には人だけでなくペットにとっても過ごしやすい空間にしてあげなければなりません。人と犬が互いに窮屈さを感じることがないような空間設計に心がけましょう。

犬が自由にのびのびと動き回れる、柱や壁の少ない空間を作りましょう。そして、リビングの一角にペットコーナーを設けておきます。犬にも自分の居場所があることでストレスを感じにくくなります。リビングの一角に設けておけば、来客時や食事の時に犬に寂しい思いをさせずに手軽に仕切ることができます。

犬と暮らす場合に欠かせないのが、汚れや臭い、ノミを防ぐためのシャンプーです。これがつい面倒と感じてしまうという人もいるでしょう。そこで少しでもシャンプーを快適に行えるようにしておくのです。小型犬であれば、ペット対応洗面化粧台を設けておきます。シンクに敷いてある専用のマットで犬の足が滑りにくくなり、腰をかがめることなくラクな姿勢でシャンプーを行うことができるのです。洗面室の壁は、耐水性のある水廻りパネルにしておけば、お手入れが手軽に行えるのです。

大型犬であればペット対応のユニットバスにします。頑丈な強化風呂のフタに犬を乗せると、洗いやすい高さになりシャンプーがしやすくなります。片手で操作できるクリックシャワーにすることでよりシャンプーがしやすく、人も犬も快適なのです。人とペットが共に暮らしやすさを実感できるようにしっかりと環境を整えておきましょう。

Comments are closed.

This entry was posted on 水曜日, 5月 2nd, 2018 at 2:26 PM and is filed under 住まいの話. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.