自然素材に囲まれた住まい

Read full article | コメントは受け付けていません。

近年、住宅の高気密・高断熱化が急速に進んでいます。中には化学物質を含有した建材を多く用いた住まいも多いのです。しかし、化学物質を含有した建材を用いることでシックハウス症候群を引き起こしてしまう可能性もあるのです。せっかく購入したマイホームが、そこで住む人の健康を損なうようなことでは意味がありません。

そこで我が家は自然素材をふんだんに取りこみました。床材、建具、柱、階段、手すりにいたるまで地元の杉を使用しました。地元の木材を利用したことで木材利用ポイントの補助金もあり、お得に家造りを進めることができました。中でも肌が直接触れることの多い床は、浮造り加工を施し、木目の美しさや触感の良さを高めたのです。

柔らかい部分を磨きながら削ぎ落とし木目を浮き上がらせるのです。木目がより際立つことで見た目の美しさが増しており、眺めているだけでリラックス効果が得られています。年輪を凹凸で立体的にして足裏を心地よく刺激することでマッサージ効果が得られますし、子ども達の偏平足防止や滑り止めにもなってくれているのです。心と体を癒してくれる床が広がっています。

そして壁にはビニールクロスではなく和紙塗壁を使用しました。和紙でできた壁は、暖かな肌触りと温もりを与えてくれます。それでいて十分な強度を保ってくれるのです。何よりも化学接着剤や化学塗料を全く使用していないという点が気に入り取り入れました。身体に優しく、安全な壁が広がることで住まいの快適性だけでなく、家族の健康も守ることができるのです。調湿効果も期待できます。夏は湿気を吸収し、逆に乾燥する冬は水分を放出してくれ一年を通して湿度調整を行ってくれるのです。自然素材に囲まれ温もりを目で見て、実際に触れて心地よさを感じることができています。

二階ホールの活用法

Read full article | コメントは受け付けていません。

階段を上がった先の二階のホールをただの通路としてしまわず、有効的に利用しましょう。例えば、バルコニーに面した二階ホールは、天井に設置した昇降式の室内干しを完備しておきます。使わない時は天井にスッキリと収められていますし、悪天候時や花粉や大気汚染の飛来が気になる時、夜洗濯を行った場合などはこの室内干しが活躍してくれます。

目線の高さまで降ろして体に負担なく洗濯物を干せれば家事への不満も軽減するのです。バルコニーには屋外用の洗濯物干場を完備しておけば、サッと取りこみ、室内干しに一時置きしておくにもちょうどいいのです。毎日の家事を効率よく行うスペースとして二階ホールが活躍するのです。

他には、子どもが遊ぶキッズスペースとして利用させるのもいいでしょう。子どもにとっておもちゃを思い切り広げてのびのびと遊べるスペースがあると嬉しいものです。我が家は、カウンターを造り付けて子ども達のスタディーコーナーや主人の書斎スペースとして利用できるスペースを設けました。横幅があるため子どもが二人並んで勉強できる広さがありますし、主人がパソコンや書類を広げて仕事がしやすくなっているのです。家事を効率よく行うスペースとしても、憧れの書斎スペースとしても、セカンドリビングとして家族の憩いの場としても利用できるように二階ホールを上手に活用してみましょう。

お風呂でリラックス

Read full article | コメントは受け付けていません。

日本人がお風呂好きなのは、よく知られたことですが、単に、綺麗好きというだけではありません。それなら、シャワーがついていればよいのですが、日本人は浴槽にお湯を入れて、ゆったりとお湯につかることが大好きです。

ゆったりとお湯につかることで、温熱、浮力、水圧により、さまざまな恩恵を受けることができます。体が温まることで、筋肉の疲れが取れますし、浮力効果で、筋肉や関節の負担が軽くなり、緊張から解放され、水圧効果で、血液循環が促進されます。これらにより、リラックス効果が得られるわけです。
さらに、最近では、最大限にリラックス効果を高めるために、アロマテラピーを取り入れたり、照明を考えたりするようになりました。

私の友人もまた、お風呂が大好きなので、住まいの新築を機に、バスルームの位置について考えました。土地の一番奥で、デッドスペースになっていた部分に坪庭を作り、その前に、バスルームをつくることにしました。もともと奥まった場所なので、日当たりも悪いので、石灯籠と自然石と日陰にも強いアオキや馬酔木などを植えました。タイムスイッチ付きのガーデンライトや石灯籠にLEDライトを設置しましたので、何とも言えない風情になりました。

たっぷり湯船につかったり、半身浴したりするだけでもリラックスするのに、この坪庭が見えることで、さらに、心がゆったりとするだろうと、楽しみにしていました。しかし、実際に生活を始めると、バスルームの照明が明るすぎて、坪庭の風情が台無しになってしまいました。ただ、真っ暗にするわけにいきません。調光機能の付いた照明器具を採用すればよかったと反省しています。

先日、照明器具のショールームで、100%、60%、40%、15%に明るさを調節することができるものがあることを知りました。入浴の状況や自分の体調などを考慮して、バスルームの照明を調光することで、坪庭も生きてきますし、リラックス効果も高められたのにと思っています。

二階のフリースペース

Read full article | コメントは受け付けていません。

我が家の階段を上がった先のスペースは6帖ほどの広さがあります。ここはフリースペースで、各部屋への通路でもあり、子ども達のスタディーコーナーでもあり、書斎スペースでもあり、子ども達の遊び場でもあり、室内干しスペースでもあるのです。いろいろな用途で利用させることのできるフリースペースは今ではこの家になくてはならないスペースとなっています。

ここには横幅のあるカウンターを造りつけています。奥行もしっかりとあるので、子ども達が並んで、教材をゆったりと広げて勉強することもできますし、パソコンや資料を広げて仕事を行うこともできます。昼間は主にキッズスペースとして子ども達が遊んでいることが多いです。今まではリビングに並べられていたおもちゃをここに並べたことで、リビングにはおもちゃが散らかりにくくリビングの快適性が高まりました。

このフリースペースはリビングの一部を吹き抜けにした面に沿って設けられています。子ども達だけで遊んでいても、吹き抜けを通して子ども達の様子が伝わってくるため安心して遊ばせることができるのです。子ども達が成長すればスタディーコーナーとして、旦那さんが持ち帰りの仕事がある時や、一人の時間を過ごしたい時は書斎スペースとしても利用できるので便利なスペースなのです。

ここに室内干しを設けたのは、衣類がしっかりと乾く環境だからです。一階で冷暖房を使用した場合、その風で衣類がしっかりと乾くのです。ここなら室内のインテリア性を欠くこともないので、来客時でも便利なのです。二階にこのようなスペースを設けて本当に良かったと思っています。

アレンジできる子ども部屋

Read full article | コメントは受け付けていません。

住宅の中で一番空間に変化が求められるのが子ども部屋です。子どもの成長に合わせて求められる空間のあり方は変わってきます。そこで最近では子ども部屋が可変できる空間造りをする家庭も増えてきました。以前であれば子どもの部屋はそれぞれ独立したものが多かったです。しかし最近では広々ワンルームの子ども部屋を設けておき、その後個室を必要とし始めたら、このワンルームを2つや3つの空間に区切れるようにしておくスタイルが人気です。

このようにしておくことで、子どもが小さい幼少期は、兄弟姉妹でのびのびと遊ぶ子ども部屋として大活躍してくれます。お友達が遊びに来ても走り回れる子ども部屋があると重宝します。小学生頃になると学習机を並べて、共に勉強したり、共に寝る子ども部屋として兄弟姉妹で過ごす時間を大事にするのです。中学・高校生頃になるとそれぞれの個室を必要とし始めます。この時に初めて空間を区切って個室を設けるのです。

将来的に2つや3つの個室になることを想定して、予め出入りするドアや照明、コンセント、窓はしっかりと設けておくのです。このようにしっかりと周りの環境を整えておけば、いつでも大掛かりなリフォームをすることなく、空間を区切ることができるのです。壁で区切るのもいいのですが、手軽に空間を区切ることができるのが、可動間仕切り収納です。これなら女性でも簡単に空間のレイアウトを変えられるため、空間のアレンジもしやすいのです。収納機能を兼ね備えているため、クローゼットを設けていなくても物をここにしっかりと収納できるのです。子どもの成長にしっかりと対応した子ども部屋が人気なのです。

建売住宅

Read full article | コメントは受け付けていません。

私の友人達は次々と新築住宅を購入しました。そのうち数名は注文住宅ではなく建売住宅を購入しました。私は住宅を購入するなら注文住宅がいいなと思っていたので建売住宅の魅力は何一つわかっていませんでした。そこで友人に建売住宅の魅力について聞いてみました。

建売住宅の魅力は価格の安さです。建売住宅とは土地と住宅をセットで販売している住宅のことです。販売価格には土地代も含まれているので注文住宅よりも格段に割安だと言えるでしょう。土地と住宅を一括購入するので土地を探す手間が省けるのも共働きの忙しい世帯には大きなメリットだと言えるでしょう。価格が安いというのは購入する側から考えると大変魅力的でありますが、気になるのは間取りや設備です。

しかし最近の建売住宅は住宅の間取りや設備、仕様は人気のスタイルを取り入れ、クロスなどの色味も万人受けするような色合いなので違和感を感じないと言います。また実物をチェックできるので暮らしをイメージしやすいのも建売住宅の魅力だと話していました。私は注文住宅で家を購入しようと思っていたのですが、一番心配なのが自分が思い描いている住宅を実現するかどうかということです。何度打ち合わせを重ねても完成時に自分が思っていたものと違うとトラブルになることもあると聞きます。

建売住宅はそのような心配や不安がないのが安心して購入できるポイントなのです。建売住宅の魅力も知ったので予算を考えながら注文住宅とどちらがいいか家族で話し合いをして自分達に合った方を選択しようと思います。

家事への不満をなくす家

Read full article | コメントは受け付けていません。

主婦にとって家事は365日休みがなく、高齢になった時も続けるものです。それだけに家事への不満やストレスを抱えていると住宅への住み心地を悪くしてしまうのです。そこで専業主婦である私が家造りで重視したのが、家事への不満をなくすということです。それを実現させるために主婦の憧れの空間とも言われる家事室を設けたのです。

この家事室は、家事動線で最も重要なキッチンと洗面室を繋ぐ形で設けました。キッチンと洗面室は家事をする上で一日何度も行き来を行います。その二つの空間を繋ぐ形で設けられた家事室は家事の効率をグンと高められています。この家事室には洗濯物を干す、たたむ、しまうという一連の作業を行えるようにしています。隣の洗面室で終えた洗濯物をこの家事室で干すことができます。雨の日や外出して帰宅が遅くなる時など屋外に洗濯物を干せない時に室内用の洗濯物干し場があると便利です。

そして乾いた洗濯物をたためるようにカウンターを設けました。このカウンターがあることでアイロンがけや裁縫など別の家事を行う際にも重宝するのです。家計簿を付けたり一人の時間を過ごしたい時でもこの家事室を過ごせるので主婦にとって便利な空間なのです。

そしてたたんだ洗濯物をしまえるようにオープンクローゼットを設けました。家族の衣類を一か所で管理できるようにしたので、家事が大変楽になったのです。私は家事の中で一番このしまうという作業が苦手でした。住宅内を行ったり来たりする無駄な動きを省けることで家事の効率が高まり家事の時短を実現できています。家事室はこれから益々需要を高めることでしょう。

我が家が依頼した業者

Read full article | コメントは受け付けていません。

家造りは業者を選ぶことから始まります。人生最大の買い物となる住宅だけに後悔や失敗はできるだけ避けたいものです。家造りを成功させるには実はこの業者選びが非常に大事になってくるのです。希望に合った、または希望以上の家が出来上がるかどうかは最適なパートナーに出会えるかどうかにかかっているのです。

我が家は大手ハウスメーカーから地元の工務店まで多くの業者と出会い、話をさせてもらいました。その結果、地元に密着した工務店に依頼しました。工務店の特徴は、自社利益を一番に考えがちな大手ハウスメーカーと違い、建築主の希望や都合を最優先してくれます。大量生産というよりは、一品生産の家造りを行うことができるのです。世間一般的に会社規模が小さいため、不安視する人も少なくありません。しかし地元の工務店こそ、地域での評判を大切にするので、施工はもちろんのこと引き渡し後のメンテナンスも重要視しているのです。

住み始めてちょっとした気になることを相談すると、親身に話を聞いてくれ迅速に対応してくれるのです。とても印象的だった言葉があります。引き渡しの日に、業者の人が我々に「これで終わりではありません。これからのお付き合いも大事にさせて頂きます。」という言葉を言ってくれたのです。その言葉を聞き安心しました。そして些細なことでも相談に乗ってもらっています。

洗練されたデザインや提案力に欠けるという印象を最初は抱いていたのですが、我々の希望に耳を傾けてくれ、幅広い提案をしてくれたことで多くの選択肢の中から最良のものを選び、家造りを進めてきました。最高の住宅を手に入れることができたのは、最高のパートナーに出会えたことが一番大きいと思っています。

家事動線

Read full article | コメントは受け付けていません。

主婦が毎日行う家事には休みがありません。休みのない家事だからこそ家事への負担や不満が少ない家にするべきなのです。間取りを決める際には、家事動線を意識することで家事のしやすさが大きく変わってきます。専業主婦である私が家造りで重視したことはこの家事動線です。できるだけ動線を短く、そして頻回に行き来をする場所は行き来のしやすいようにしました。

家事の中心はキッチンです。このキッチンと洗面室は一日何度も行き来を行います。キッチンで家事をしながら洗面室で別の家事を同時に行うこともあります。それだけにこれら二つの空間はできるだけ動線が短い方がいいのです。そこで我が家はキッチンと洗面室を横一直線で繋いだのです。2、3歩ほど行けば互いの空間へ行き来ができるため動線は短いですし、横移動なのでスムーズに行えます。そしてキッチンからダイニングへの動線も横一直線にしました。専業主婦である私は一日三度も食事の支度を行います。キッチンとダイニングの距離が短ければ配膳や食べ終わった後のお皿を下げるのも楽になるのです。

今までは対面式キッチンの前がダイニングでした。食事を運ぶ際には通路の幅にひやひやしながら食事を運んでいました。キッチンへ回り込まなければならなかったのでキッチンの前とは言え、決して行き来がしやすいとは言えませんでした。キッチンの真横をダイニングにしたことで食事の支度や片付けがスムーズに行えるようになっただけでなく、家族にとってもキッチンの存在がより身近に感じられるようで、積極的にお皿を下げたりお手伝いをするようになりました。家事動線に配慮した間取りにしたことで家事への不満の少ない家となっています。

ママのためのワークスペース

Read full article | コメントは受け付けていません。

ママは家事や育児、それに加えて外で仕事を抱えている人もいます。一日がアッと言う間で、自分の時間を過ごすことはほとんどないという女性も多いと思います。しかしせっかく建てたマイホームで、自分の時間を楽しむことができないというは寂しいものです。

最近では、家事の中心であるキッチンスペース内や、キッチンの隣にママのためのワークスペースを設ける人が増えてきました。このワークスペースがあることで、家事の合間に家計簿をつけることができたり、パソコンでレシピを見ながら料理ができたり、家事の合間の休憩場所として、裁縫などを行う家事スペースとしてなど多目的に利用できるのです。このようなスペースがキッチンからより近い場所にあることで、キッチンで家事を行うママにとっては自分の居場所という感覚が高まりホッと安らげたり、子ども達に邪魔されず家事を円滑に進められることで家事の効率も高められるのです。

時には子どもが勉強するスペースとして利用しても、隣で夕飯の支度をしながら子どもの宿題チェックが行えるので忙しいママにとっては嬉しいものです。我が家はダイニングの窓際に、ママのためのワークスペース兼子ども達のスタディコーナーとして、空間にぴったりのサイズのカウンターを設けました。

子ども達が二人並んでもゆったりと勉強できる広さは、重宝します。私が洗濯物をたたんだり家事をしている横で、子どもが勉強をすることもあり、親子で隣り合わせでこの空間を利用することもあります。カウンターの下部にはパソコンを収納したり、勉強道具を一時置きできるスペースを設けたので、カウンターの上をいつも片づけられるのです。このようなスペースがあると家事を楽しく行えるようになると思います。